自律神経失調症とその原因

自律神経失調症とは、自律神経の乱れが原因で起こる動悸、頭痛、異常な発汗など様々な症状があり、原因は人それぞれです。色々な原因がからみあって起きると考えられています。

 

まずは生活リズムの乱れがあります。夜型生活、夜更かしなど不規則な生活が自律神経を乱す原因となることがあります。朝に起きる、日中に活動をする、夜は寝るといった規則正しい生活を送ることが大事です。

 

次に過度なストレスがあります。仕事や人間関係のストレス、環境変化によるストレスなど、人によってストレスを感じる部分は違いますが、ストレスを感じ続けることが、自律神経の乱れにつながります。

 

またストレスは、人によってそれに適応できる力は、違っています。人に言われるとノーと言えなかったりする性質的なもの、下痢や嘔吐をしやすいなどの体質的なものがありますが、これらの要素を持っている人は、ストレスを感じやすいと言えます。

 

最後に女性の場合は、ホルモンバランスの変化により、自律神経が乱れる場合があります。

思春期、更年期などは、ホルモンバランスが不安定で、これにより自律神経に影響を与えると考えられています。

症状に判断がつきにくい自律神経失調症の原因

Leave a Reply